トップページ>>化学品.中間体 >> m-フェニレンジアミン

m-フェニレンジアミン

m-フェニレンジアミン Meta Phenylene  Diamine(MPD)

m-フェニレンジアミン

用途:
MPDは、化学品中間体の一つとしてエンジニアリングポリマー 、アラミド繊維、熱可塑性物質及び繊維、皮革、その他素材の染料生産に幅広く使用されています。
又、M-PDAは医薬中間体やエポキシ樹脂によるコーティング、ポリウレタン製品の重要な成分としても使用されています。

年間生産能力: 25, 000 Metric tons/Year
CAS番号: 108-45-2
別名:メタフェニレンジアミン、MPD、M-PDA、1,3-フェニレンジアミン、1,3-ジアミノベンゼン
包装: 200/225kgs Iron Drum / ISO Tank / 25kgs Fiber Drum

構造式 m-フェニレンジアミン

m-フェニレンジアミンの製品仕様 :

性質 単位 技術仕様
外観 白色粒状或は溶融状態 灰色粒状或は溶融状態 灰色溶融状態
純度 (GC) % (Min) 99.9 99.8 99.5
o-フェニレンジアミン /OPD ppm( Max) 200 200 1000
p-フェニレンジアミン/PPD (ppm) ppm( Max) 100 450 1000
水分 % ( Max) 0.1 0.1 0.1
Set Point ℃(Min) 62.5 62.5 62.0
英語化学品名 Meta Phenylene Diamine
英語の別名 1,3-benzendiamine; 1,3-diamino-benzen; 1,3-Di-aminobenzol; APCO 2330; apco2330; benzene,1,3-diamino-; benzene-1,3-diamine; C.I. 76025
CAS 番号 108-45-2
分子式 C6H8N2
分子量 108.14
EINECS No 203-584-7
関連分類 Variousamine; Intermediates of Dyes and Pigments; 1,3-Benzenediamine; Organics; Amines; Fluorenes, etc. (reagent for high-performance polymer research); Functional Materials; Reagent for High-Performance Polymer Research
Mol File 08-45-2.mol

m-フェニレンジアミンの物理性質

融点 64-66 °C(lit.)
沸点 282-284 °C(lit.)
密度 1,139 g/cm3
蒸気密度 3.7 (vs air)
蒸気圧 0.62 mm Hg ( 100 °C)
屈折率 1.6339
引火点 >230 °F
状態 粒状(pellets)
水溶性 350 g/L (25 ºC)
Sensibility Air Sensitive
メルク 14,7283
BRN 471357
CAS 番号 108-45-2(CAS DataBase Reference)
NIST Chemical Data 1,3‐ベンゼンジアミン(108-45-2)
EPA Chemical Data 1,3‐ベンゼンジアミン(108-45-2)

m-フェニレンジアミンの用途
主に染料中間体とエポキシ樹脂硬化剤として使用されます。

関連分類:染料及び顔料の中間体; 1,3‐ベンゼンジアミン; 有機化合物; アミン; フルオレン等. (高性能ポリマー研究用試薬); 機能材料; 高性能ポリマー研究用試薬

関連製品
  • o-フェニレンジアミン o-フェニレンジアミンは、農薬、染料、殺虫剤、殺菌剤、防蝕剤、医薬中間体としていろんな分野で幅広く使用されています。また、オルソフェニレンジアミン(O-PDA)は鉱石中...
  • p‐フェニレンジアミン p‐フェニレンジアミンは工業用ポリマー、アラミド繊維、染毛剤、ゴム用老化防止剤、織物染料、顔料の製造に使用されています.主にアジン染料、硫化染料、ファー ブラックD...