トップページ>>化学品.中間体 >> p‐フェニレンジアミン

p‐フェニレンジアミン

p‐フェニレンジアミン

p‐フェニレンジアミン

用途:
p‐フェニレンジアミンは工業用ポリマー、アラミド繊維、染毛剤、ゴム用老化防止剤、織物染料、顔料の製造に使用されています。

年間生産能力: 3,000 Metric Tons/Year
CAS番号: 106-50-3
別名: パラフェニレンディアミン、PPD、1,4-フェニレンジアミン、1,4-ジアミノベンゼン
包装: 25kgs Fiber drum / ISO TANK

構造式 p‐フェニレンジアミン

p‐フェニレンジアミンの製品仕様:

性質 単位 技術仕様
外観 白色の結晶
純度 %(GC) % (Min) 99.9
水分 %(Max) 0.1
融点 ℃(Min) 137.0
英語化学品名 Para Phenylene Diamine
英語の別名 1,4-benzendiamine; 1,4-Di-aminobenzol; 4-phenylenediamine; Aminogen II; BASF Ursol D; basfursold; DS; benzene,1,4-diamino-
CAS 番号. 106-50-3
分子式 C6H8N2
分子量 108.14
EINECS No 203-404-7
関連分類 variousamine; Intermediates of Dyes and Pigments; 1,4-Benzenediamine; Fluorenes, etc.(reagent for high-performance polymer research); Functional Materials; Reagent for High-Performance Polymer Research; Chemistry
Mol File 106-50-3.mol

p‐フェニレンジアミンの物理性質

融点 139 °C
沸点 267 °C(lit.)
蒸気密度 3.7 (vs air)
蒸気圧 1.08 mm Hg ( 100 °C)
引火点 156 °C
保存条件 2-8°C
インデックスカラー 76060
水溶性 47 g/L (25 ºC)
メルク 14,7285
BRN 742029
安定性、 酸化時空気暴露により変色、 強酸化剤と非互換性である、不活性雰囲気下で保存。
CAS Database 106-50-3(CAS DataBase Reference)
NIST Chemical Data 1,4-ベンゼンジアミン(106-50-3)
EPA Chemical Data 1,4-ベンゼンジアミン(106-50-3)

1,4-フェニレンジアミンの用途
主にアジン染料、硫化染料、ファー ブラックD、ファー ブラックDB、ファー ブラウンNZ、ゴム老化防止剤DNP、288、DOP、DBP等の製造に使用されます。p‐フェニレンジアミンは又、染毛剤-ファーグレーAL D、ガスの重合禁止剤及び重合開始剤などの原料として使用されます。
関連分類:染料及び顔料の中間体;  1,4-ベンゼンジアミン; フルオレン等。高性能ポリマー研究用試薬; 機能材料; 化学

関連製品
  • レソルシノール レゾルシノールは重要な有機化合物で天然ゴム、合成ゴムと繊維または木材用などの接着剤、樹脂用紫外線吸収剤、染料、医薬、樹脂用難燃剤原料の製造に使用され....