2-クロロピリジン

2-クロロピリジン

2-クロロピリジン
化学品名: 2-クロロピリジン
関連分類:医薬中間体,有機化合物、ピリジン、ピリミジン、プリン及びPteredines、ピリジン誘導体、クロロピリジン、ハロピリジン、C5複素環ビルディングブロック、ハロゲン化複素環、複素環ビルディングブロック

英語化学品名 2-Chloropyridine
英語の別名 2-chloro-pyridin; o-Chloropyridine; α-chloropyridine; 2-chloropyridine; 2clpy; alpha-chloropyridine; pyridine, 2-chloro-; 2-chloropyridine, 99%
CAS 番号 109-09-1
分子式 C5H4ClN
分子量 113.54
EINECS No 203-646-3
関連分類 Pharmaceutical intermediate; Organic material; Pyridines, Pyrimidines, Purines and Pteredines; Pyridines derivates; Chloropyridines; Halopyridines; C5Heterocyclic Building Blocks; Halogenated Heterocycles; Heterocyclic Building Blocks; Pyridines
Mol File 109-09-1.mol

2-クロロピリジンの物理性質

融点 -46 °C
沸点 168 °C
密度 1.209
蒸気密度 1.7 mm Hg ( 20 °C)
屈折率 n20/D 1.532(lit.)
引火点 149 °F
水溶性 27 g/L (20 ºC)
BRN 105788
CAS Database 109-09-1(CAS DataBase Reference)
NIST Chemical Data Pyridine, 2-chloro-(109-09-1)

2-クロロピリジンの用途
化学性質:液体
防腐剤の中間体、医薬、殺虫剤及び有機合成に使用されます。
分類:毒性物質
毒性等級:重度
刺激データー: oral-rat LCL0: 100 PPM/4h; oral-mouse LD50: 110 mg/kg
危険性: 可燃性、燃焼時毒性物質一酸化窒素煙を生じる。
保存条件:通風、低温、乾燥、酸化剤及び紡績品と一緒に保存できない。
消火剤: 粉末、泡、土砂

お問合せ
関連製品
  • 亜硝酸ナトリウム 化学性質:無色または黄色の斜方晶系の結晶、潮解性を示し水によく溶け、水溶液はアルカリ性となる. 用途:アゾイック染料、硫化染料、直接染料、酸性染料、分散染料、塩基性染料、染色補助剤、有機顔料の生産に使用されます。又、食品に発色剤、防銹剤として...