トップページ » 製品紹介 » そのほか製品 » 医薬中間体 » 5-エチル-2-メチルピリジン

5-エチル-2-メチルピリジン

5-エチル-2-メチルピリジン

5-エチル-2-メチルピリジン
化学品名: 5-エチル-2-メチルピリジン
関連分類:医薬中間体,有機化合物、ピリジン誘導体

英語化学品名 5-Ethyl-2-methylpyridine
英語の別名 2,5-Aldehydine;2-Picoline, 5-ethyl-; 5-ethyl-2-methyl-pyridin; 5-ethyl-2-picolin; 5-Ethyl-alpha-picoline; 6-Methyl-3-ethylpyridine; Aldehydkollidin; collidine, aldehydecollidine
CAS 番号 104-90-5
分子式 C8H11N
分子量 121.18
EINECS No 203-250-0
関連分類 Pharmaceutical intermediate; organic material; Pyridines derivates
Mol File 104-90-5.mol

5-エチル-2-メチルピリジンの物理性質

融点 -70.9 °C
沸点 178 °C(lit.)
密度 0.919 g/mL at 25 °C(lit.)
蒸気密度 4.2 (vs air)
屈折率 n20/D 1.497(lit.)
FEMA 3546
引火点 151 °F
水溶性 不溶性
メルク 14,3844
BRN 109269
安定性, 吸湿性, 可燃性,強酸化剤に非互換性である。.
CAS Database 104-90-5(CAS Database Reference)
NIST Chemical Data Pyridine, 5-ethyl-2-methyl-(104-90-5)
EPA Chemical Data Pyridine, 5-ethyl-2-methyl-(104-90-5)

5-エチル-2-メチルピリジンの特性及び用途
化学性質:無色及び黄色液体。
用途:医薬中間体としてニコチン酸、ニコチンアミド、イソニアジド、ニケタミドなどの製造に使用されます。
分類:毒性物質
毒性等級:高毒
刺激データー:皮膚―ラビット 10 mg/24h、眼―ラビット 0.25mg
危険性: 可燃性、燃焼時毒性物質一酸化窒素煙を生じる。
保存条件:通風、低温、乾燥、食品原料及び紡績品と一緒に保存できない。
消火剤: 粉末、泡、土砂、二酸化炭素

お問合せ
関連製品
  • 5-エチル-2-ピリジンエタノール 融点: 127°C (5 mmHg)
    BRN 117340
    CAS Database 5223-06-3(CAS DataBase Reference). 5-エチル-2-ピリジンエタノールは医薬中間体、有機合成中間体、ピオグリタゾン...