N-メチルピペラジン

N-メチルピペラジン

N-メチルピペラジン
化学品名: 1-メチルピペラジン
関連分類: ピペリジン、ピペリドン、ピペラジン、ピペラジン誘導体、ビルディングブロック; 複素環ビルディングブロック; 含窒素、Alpha Sort、複素環、M、MAlphabetic、META - METHChemical Class、揮発性物質/半揮発性物質

英語化学品名 1-Methylpiperazine
英語の別名 N-Methylpiperazine; Nmprz; 1-Methyl-Piperazin; Piperazine,1-Methyl-; Labotest-Bb Ltbb000517; Methylpiperazine; Methylpiperazine-N; 1-Methylpiperazine
CAS 番号 109-01-3
分子式 C5H12N2
分子量 100.16
EINECS No 203-639-5
関連分類 Piperidines, Piperidones, Piperazines; Piperaizine; Piperazine derivates; Piperazines; Building Blocks; Heterocyclic Building Blocks; Nitrogen containing; Alpha Sort; Heterocyclics; M; MAlphabetic; META - METHChemical Class; Volatiles/ Semivolatiles
Mol File 109-01-3.mol

1-メチルピペラジンの物理性質

融点 -6 °C
沸点 138 °C(lit.)
密度 0.903 g/mL at 25 °C(lit.)
蒸気密度 3.5 (vs air)
屈折率 n20/D 1.466(lit.)
引火点 108 °F
保存条件 窒素雰囲気下で
水溶性 可溶
水溶性 50 g/100 mL (20 ºC)
敏感度 湿気に敏感
BRN 102724
CAS Database 109-01-3(CAS DataBase Reference)
NIST Chemical Data Piperazine, 1-methyl-(109-01-3)
EPA Chemical Data Piperazine, 1-methyl-(109-01-3)

1-メチルピペラジンの用途
無色の透明な液体、水、エーテル、アルコール等溶剤に溶ける。
有機化合物の中間体として、リファンピシン、トリフロペラジンの製造、各種農薬、染料、プラスチックスの合成原料に使用されます。

お問合せ
関連製品
  • cis-2,6-ジメチルピペラジン 化学品名: 2,6-ジメチルピペラジン
    関連分類:医薬中間体、ピペラジン系、Piperaizine、ビルディングブロック、複素環ビルディングブロック、Piperazines.淡黄色のフレーク状結晶. 医薬中間体として主にフルオロキノロン系抗菌薬スパルフロキサシン...